Googleのクラウドゲーミングサービス「Stadia」が11月19日から14ヶ国でスタート【日本は未定】料金、サービス内容のまとめ

Googleがアナウンスしていたクラウドゲーミングサービス「Stadia」についての続報が「Made by Google」のイベント中に発表になりました。

クラウドゲーミングサービス「Stadia」について

クラウドゲーミングサービス「stadia」のロゴ
image via Google

「Stadia」は、クラウドゲーミングサービスなので画面とコントローラー、ネット回線があればOKです。ゲームソフト、ハードウェア、データは全てクラウド側にあり、ゲーム機自体を買い換えるということはありません。自動的にアップグレードしていきます。



「Stadia」がサポートしているのは、スマホ、タブレット、パソコン(デスクトップ、ノート)そしてテレビです。
ただし、テレビで遊ぶにはデームデータを受信して表示するために「Chromecast Ultra」が必要となります。

「Stadia」が11月19日に14ヶ国でサービススタート

「Made by Google」のイベントで発表があった通り、14カ国で11月19日からサービスがスタートすることになりました。

サブスクリプションプランで用意されている「Satdia Pro」のみでサービスが開始となります。

ファウンダーズエディション(StadiaコントローラーとChromecast Ultra)を購入していれば3ヶ月分の利用料金がバンドルされているので、そのまま始められます。

日本での「Stadia」開始時期は未定

「Stadia」サービス開始対象の最初の14ヶ国は以下の通りです。

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • アイルランド
  • ドイツ
  • フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • ベルギー
  • デンマーク
  • スウェーデン
  • ノルウェー
  • フィンランド

残念ながら日本は入っていなかったので、サービス開始を待ちましょう。

Stadiaの月額料金と加入者向け特典

「Stadia」の料金体型は、サブスクリプション料金とゲームソフト代金となっています。


ゲーム機自体を購入することはない代わりに、「Stadia Pro」が用意されていますが、無料プの「Stadia Base」(2020年開始予定)もあります。

stadiaのサブスクリプションプラン、料金表
image via Goolge

有料プランとなる「Stadia Pro」は月額9.99ドルで4Kまでのサポートと、60FPSのフレームレート、5.1チャンネルのサラウンドをサポートしています。

加入者向けに初回は「Destiny 2:The Collection」が配布されます。

[amazon asin=”B07NH8S9JL” kw=”LG ゲーミング モニター 27インチ 4K” size=”l”]

「Stadia Pro」を検討している方は「Stadia Base」でクラウドゲーミングを体験してみて、遅延がないかなど体感して問題なければ「Stadia Pro」へ以降するというのがいいかもしれません。


4Kが不要な場合(フルHDのテレビを持っているなど)は、当面「Stadia Base」で良いと思います。Google側もスペックをアップしていくといっていたので、120fpsに対応したとかになるとProへの加入が増えそうですね。


「Stadia」はゲーム機本体を購入しなくていい分、この辺りは簡単に切り替えられるのが良い点です。

Googleのクラウドゲーミングプラットフォーム「Stadia」のサービス開始時期と料金プラン、快適に遊ぶのに必要な回線速度が発表

Googleのクラウドゲーミングプラットフォーム「Stadia」の詳細がYoutube上のライブ配信イベント「Stadia connect」で発表された。

Stadiaのサービス開始時期、料金プランとコントローラーバンドルパックを発表

Googleからの発表によると、Stadiaのサービス開始時期は、2019年11月からとなり、アメリカなどの14カ国で開始される。日本は含まれない。


Stadiaでは、サブスクリプションプランである「Stadia Pro」月額9.99ドルのみでスタートする。


「Stadia Pro」に加入すると4k解像度、HDR、60fpsで遊ぶことが可能になる。
また「Stadia Pro」加入者向けにフリーゲームがいくつか用意されるので、それも遊ぶことが可能となる。

[amazon asin=”B07NH8S9JL” kw=”【Amazon.co.jp 限定】LG モニター ディスプレイ 27UL500-W 27インチ/4K/HDR(標準輝度:300cd/㎡)/IPS非光沢/HDMI×2、DisplayPort/FreeSync/ブルーライト低減”]

サービス開始初期は、Chromeブラウザを利用できるデバイスとChromecast UltaとPixel3など限られた端末での動作のみとなる。


2020年以降は、徐々にサービス対象国を増やし、サブスクリプションも無料プランが用意される。無料プランでは、「1080pのフルHD、60fpsまで」に制限されるが、ほとんどの家庭が4kテレビに買い換えてないと思われるので、先々Stadia Proに加入する方向でも問題なさそうだ。

コントローラーとStadia Proをセットにした記念モデルも発売

Stadiaのサービス開始を記念してStadia Funder’s Editionが発売される。既に11月のサービス開始対象国で予約を開始。


Stadia Funder’s Editionのセット内容

  • Stadia Pro 3ヶ月分
  • Stadia コントローラー(ナイトブルーカラー)
  • Chromecast Ultra(4k・HDR対応モデル)
  • Destiny 2の特別版
  • 初期プレイヤーネームの取得権

コントローラーが69ドル、Stadia Proが29.97ドル、Chromecastが59ドルで、Destiny 2は50ドルほどだろうか。合計で300ドルほどが、129ドルで販売される。


Stadia Funder’s Editionに含まれるChromecastをテレビやモニターに接続して、Stadiaコントローラーを繋げばすぐに遊べるセットだ。

[amazon asin=”B01MZYWXI3″ kw=”Xbox One ワイヤレス コントローラー (ブラック)”]

Stadiaでは様々なゲームコントローラーをサポートするが、Stadiaコントローラーは低遅延技術がほどこされたコントローラーなので、遅延が気になる場合は購入を検討したほうがいいだろう。

Stadiaを快適に遊ぶのに必要な回線速度

完全なクラウドゲーミングプラットフォームとなる「Stadia」が快適に遊べるのかが一番の注目点。


PS4やXboxの場合は、手元で処理をすることで遅延が少ないが、手元で入力した情報と反映されたアクションが映像として返ってくるまでのレイテンシーが気になるところでした。

フルHDであれば20Mbpsで遊べる

Stadiaの回線速度別での解像度、フレームレートなどが以下の表として発表された。

Stadiaのサポート回線速度ごとの解像度及び、フレームレート対応表
image via Stadia

現在ほとんどの家庭で使われているフルHDテレビであれば、1080p、HDR、 60fps、 5.1chサラウンドの環境でのプレイ出来る「20Mbps」以上あれば快適に遊ぶことが可能となるようだ。


さらに35Mbps以上の回線を利用している場合は4k、HDR、 60fps、 5.1chサラウンドで遊べる。Stadia Proに加入して4Kでプレーしたい場合は回線速度に気をつけましょう。ポケットワイファイでは速度が出ない、容量が足りないということになると思われる。


日本ではサービスが2020年以降ですが、固定回線(光回線)を契約している方であれば、ほとんどの人が余裕で遊べそうだ。

「Stadia」は、Xbox Game Passのようなサービスを想像していた。

「Stadia」は、「Xbox Game Pass」や「PS NOW」のようにサブスクリプションで遊び放題になるサービスだと想像していました。


今回Stadiaの発表でわかったのは、ハードウェアが無い代わりに4Kゲームではサブスクリプションに加入する必要があるサービスモデルとなることでした。

ゲームの入手は基本的にStadiaのオンラインストアで購入して遊ぶことになるので、PS4のダンロード版よりは手軽に遊び始められますが、遅延問題をクリアできるかが鍵となりそうです。


インターネット回線にとても負担がかかるので、5G回線の普及具合にもよりますが、まだまだ家に据え置くコンソールとクラウドの合わせ技が最適ではないかと思いました。

【ソニーとマイクロソフトが提携】次世代クラウドゲーミングは、マイクロソフトのサーバでPlayStationが動くようになるかも?

PlayStationプラットフォームを持つソニーと競合するXboxプラットフォームを持つマイクロソフトが、クラウドサービスおよびAI分野での提携を発表しました。

マイクロソフトのceoナデラ氏のツイートで発表

ソニーからはAI技術、マイクロソフトからAzureの提供が行われるようです。

PS5のPSNはマイクロソフトのAzureで動く?

マイクロソフトは、Azureというクラウドサーバを提供していて、Project xCloudやXbox Liveもこのクラウドサーバが利用されている。

xCloudはXbox One Sがカスタマイズされてサーバー化しているようなので、ネットワーク技術が利用されていそうです。

[amazon asin=”B07C1WKXDY” kw=”Azure無料プランで作る!初めてのWebアプリケーション開発 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))” desc=”Azureのクラウドに興味がある方は専門書もどうぞ”]

Xbox Liveの安定感は定評があり、今回の提携でPSNが同じAzureで動けばメンテナンス・障害が多いPSNが大きく改善しそうです。

ソニーとマイクロソフトが組むぐらいの衝撃をもたらしたGoogle

ソニーとマイクロソフトが提携

ソニーがマイクロソフトとの提携を進めたのは、GoogleのStadiaがよほど衝撃的だったのかもしれません。

ハードなく、コントローラーがあってもなくてもクラウドに繋がっていればいつでも、どこでも遊ぶことが出来るのがStadiaです。PlayStationの生みの親と言われる久多良木氏の構想をそのまま実現させてしまったプラットフォーム。

googleのStadiaロゴイメージ

Stadiaの実際のパフォーマンスは不明ですが、ゲームをプレイする入り口にYouTubeを抑えている点は強力です。

ソニーは、Twitchを持っていてAWSも運営しているAmazonと組む方が戦略的にはよかったのかもしれませんが、マイクロソフトとの提携となりました。

次世代PlayStationとXboxの展望

クラウドサービス分野での提携が発表されたので、次世代のPlayStationがAzureで動くPSN に移行することが確定したと言えます。


Xbox Liveと同じクラウドサービスを利用することになると、既存のサービスを含め将来的な展開がいくつか考えられる。

  • Xbox LiveとPSNでのクロスプレイ
  • PS NowがAzureに移行
  • Xbox Game PassがPlayStationにも対応、もしくはPS NowがXboxに対応
  • Xbox Game PassとPS Nowの統合
  • Project xCloudがPlayStationプラットフォームにも対応

Xbox Liveについてはこちら

[amazon asin=”B07QLLJ9CL” kw=”Xbox One S 1 TB All Digital Edition”]

PlayStation Network(PSN)、PS Plusについてはこちら

[amazon asin=”B07PTQ35BT” kw=”Astro C40 TR アストロ C40 TRゲームコントローラ PlayStation 4 並行輸入品”]

今回の発表によって次世代機の設計にも影響がありそうです。


ソニーとマイクロソフトは次世代機にともにAMDのアーキテクチャを採用する予定で、PS5に搭載されると噂のNavi GPUは独占契約となっているようでしたが、提携の範囲が広がったりして結ばれた時には次世代XboxにもNaviが採用されるかもしれません。


またXbox Liveと同じAzureになることでMicrosoft DirectX RaytracingやDX12をPS5で採用するかもしれません。

昨日の敵は今日の友で、新たにGoogleという強力な新規参入があったことでゲーム業界の二大巨頭がタッグを組むことになったことに期待したい。

Googleがゲームのダウンロード不要のクラウドゲーミングプラットホーム「Stadia」を2019年内のサービス開始を発表

サンフランシスコで行われているGDC 2019のGoogleの基調講演で、新たにクラウドゲーミングプラットホーム「stadia」を発表した。

スマホゲームではなく、家庭用・PCゲーム業界に参入することとなった。

クラウドゲーミングプラットホーム「Stadia」とは

stadiaロゴ
image via stadia.dev

Stadiaはこれまでの家庭用ゲーム機やPCゲームとは違い、本体を買う必要がない。インターネット回線に接続できる端末とChromeブラウザがあればゲームをプレイ出来るクラウドゲーミングだ。

ゲームプレイは、facebookやTwitter、YouTubeに表示される「Play Now」ボタンやリンクを押すだけで、すぐにゲームが始められる。クラウドゲーミングで不安視されてる読み込み時間も5秒で、高速起動する。

stadiaの利用端末イメージ
image via stadia.dev

基調講演ではPC、アンドロイドスマホとタブレット、Chromebook、Chromecastに対応済みのデモが行われた。

Microsoftが取り組んでいるクラウドゲーミングプロジェクト、xCloudと同様のプロジェクトとなる。

Stadiaのサービス開始は2019年内で、利用料金などは現時点では不明。開発者向けにはStadia.devが公開されている。

Stadiaのスペック

「Stadia」は、AMDのチップを採用している。基調講演で発表されたシングルインスタンスのスペックは以下の通り

  • GPU:10.5テラフロップス、56CU、HBM2メモリー
  • CPU:カスタムx86プロセッサー2.7Ghz、ハイパースレティング対応、AVX2
  • メモリ:総量で16GB、データ転送速度484GB/s

昨年行われた「ストリーミングプロジェクト」のテスト時点で、アサシンクリードオデッセイがフルHDの解像度で60fpsを実現。

[amazon asin=”B07FTGGFC9″ kw=”アサシン クリード オデッセイ ゴールドエディション 【CEROレーティング「Z」】- PS4″]

さらに「Stadia」のサービス開始時点で4K・HDRで60fps、将来的には8K解像度で120fpsまでを実現する予定とのこと。


10.5テラフロップスは、PS4 Proの4.5テラフロップス、Xbox One Xの6テラフロップスを大きく上回る処理性能だ。また、xCloudはXbox One Sをサーバとして利用しているとのことなので、同じクラウドゲーミングプラットホームでも「Stadia」の方が性能上は上となる。


AMDのGPUの世代が進むごとにStadiaのサーバーに利用しているGPUなども適宜交換していくことで8K・120fpsを目指すのだろう。

PS4などの家庭用ゲーム機と「Stadia」の違い

これまで家庭用ゲーム機では、PS4やNintendo Switch、Xbox oneなどのゲーム機を買って、専用ソフトのパッケージ版かダウンロード版を購入して遊んでいたが、本体は必要なくなる。


本体はネットの先にある「Stadia」のサーバで稼働する。
そこからゲームの映像を利用している端末に送るため、必要なのはゲームプレイの映像を写せるディスプレイと操作出来るコントローラーやマウス&キーボード。コントローラはChromeが様々なコントローラをサポートし始めているので、手持ちのコントローラがほとんど利用できるはずだ。

Stadia専用コントローラーも発売予定

Stadia向けに専用コントローラーも登場する。必須ではないが独自の機能が搭載されているので、Stadiaでたくさん遊ぶ人にはオススメだろう。

stadiaコントローラー
image via Google/youtube

Stadiaコントローラーの形状は標準的な形とボタンの数を採用しているが、キャプチャーボタンが搭載されており、すぐにSNSなどでゲームプレイの配信やスクリーンショットのシェアが出来る。

また、Google アシスタントボタンも搭載されており、ボタンを押すことでマイクが使えるようになり、ゲームのヒントを聞いたりすることが可能だ。

Stadiaコントローラーは、Wi-Fi接続となっており直接Stadiaのサーバーと接続する。従来のクラウドゲーミングで起こっていたコントローラーの入力情報を一度本体に送ってから、サーバーに送ることで発生する入力遅延を回避できるそうだ。