AMDからPS5に搭載予定のZen2を採用した新CPU「Ryzen 3000シリーズ」とRDNAを採用した新GPU「Radeon RX 5000シリーズ」が発表

AMDはCOMPUTEX TAIPEI 2019の開幕前に基調講演を開催し、新しいCPUとGPUシリーズについて発表を行った。

PS5にも搭載される新CPUとGPU

発表になったCPUとGPUは以前からロードマップなどで発表があったように、Zen2アーキテクチャを採用さしたCPUとNaviと呼ばれていたGPUになる。

Zen2アーキテクチャを採用したRyzen 3000シリーズ

マザーボード

RyzenシリーズのCPUでは、1000シリーズはZenアーキテクチャ、2000シリーズではZen+アーキテクチャを採用し、今回発表になった3000シリーズではZen2アーキテクチャとなっている。

2000シリーズよりも大幅に性能がアップしており、2000シリーズの最高性能だったRyzen7 2700Xのベンチマークスコアを3000シリーズの一番安いモデルであるRyzen3 3300がスコアで上回っている。

更新:Zen2 CPUのベンチマークスコアのツイートについてご指摘をいただいたので、公式のツイートに差し替えました。ベンチマークスコアなどについては、正式なスコアが出たら各所でご確認ください。

Ryzen3 3300は99ドルで発売が予定されているCPUなので、一番安いものを買ってもハイパフォーマンスモデルで組めることになる。

[amazon asin=”B079D3DBNM” kw=”AMD CPU Ryzen 3 2200G with Wraith Stealth cooler YD2200C5FBBOX”]

Ryzen 2000シリーズで新たにPCを自作した人はソケットが対応していると思われるので、Ryzen 3000シリーズに交換できそうです。

[amazon asin=”B07C4PH429″ kw=”ASUS AMD X470 搭載 マザーボード Socket AM4対応 ROG STRIX X470-F GAMING 【ATX】”]

新GPUシリーズRadeon RX 5000

これまでコードネーム「Navi」と呼ばれてきたGPUは「RDNA」というアーキテクチャとして公開された。


RDNAを採用したGPUシリーズが「Radeon RX 5000」となる。前世代まで採用されてきたGCNアーキテクチャとは違い、GCNと比べてクロック当たりの性能で1.25倍、ワットパフォーマンスの性能は1.5倍となった。

[amazon asin=”B0788BTQKQ” kw=”ASUS AMD RX VEGA搭載ビデオカード ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING”]

最初の製品としてはRadeon RX 5700シリーズが2019年7月に発売されることがアナウンスされている。

NvidiaのRTX2070よりもRadeon RX 5000シリーズとの比較で10パーセントほど高性能になっているとのこと。

CPUとGPUの組み合わせでは、Ryzen7 3800XとRadeon RX 5700がintel Core i9-9900KとGeForce RTX2080Tiよりも69%高性能になるとのこと。


この性能差は、PCIe gen4を採用しているアドバンテージが大きいようだ。


Radeon RX 5700がいくらになるか不明ですが、Core i9-9900KとRyzen7 3800Xでは約3万円ほどの価格差になりそうなので、恐ろしいコスパをAMDがRyzenとRDNAで実現することになります。

PS5はPS4よりもCPU性能が大幅にアップする

PS5に採用が噂されているのがは、Ryzen3 3300よりも上のモデルです。

jaguarアーキテクチャは、Zenアーキテクチャよりも古いアーキテクチャで、パフォーマンスもZenと比べるとだいぶ下でした。


それが一気に最新のZen2を採用することになり、PS4のjaguarアーキテクチャを採用したCPUからは超大幅アップが見込める。


そしてGPUはRDNAアーキテクチャを採用することになるので、採用されるGPUのグレードによっては最新のGPUでNvidiaにも迫る性能で発売されそうですね。

AMDが「Radeon 7」を発表。2月7日発売でバイオハザード RE:2などがバンドル

AMDがNVIDIAに続いてCES 2019にて新グラフィックカード「Radeon 7」を発表した。

「Radeon 7」はRTX 2080に匹敵するグラフィックカード

radeon 7 gpu

「Radeon 7」は、既に発売済みのVegaシリーズ(Vega 56, Vega 64)を改良した第二世代Vegaとなる。

 

製造プロセスが7nmに変更されており、数字が小さいほど性能が高くなる。「Radeon 7」が7nmプロセスで製造されるGPUとしては世界初となる。NVIDIAはまだ7nmでは製造できていない。

Radeon 7の詳細スペック

  • Compute Unit:60基
  • ストリームプロセッサ:3,840
  • ベースクロック:1.45GHz/ピーククロック:1.8GHz
  • HBM2メモリ:16GB

Coupute UnitはVega 64の64基から60基に減ってしまっているが、「Radeon 7」では16GBものメモリを積んでいる。

 

このメモリは、GPU専用のHBM2メモリで高速でデータが処理できる。メモリバス幅は4,096bitで、最大1TB/sのメモリ帯域幅を持っている。

 

発表会では、RTX 2080と同環境でのゲームのベンチマークが公開され、RTX 2080を上回る数値を出すソフトもあった。比較がされたのは以下の3つのソフトです。

  • Battlefield Vは、ほぼ同等のfpsでRTX 2080が61fps、Radeon 7Iが62fps
  • FARCRY5もほぼ同等のfpsでRTX 2080が61fps、Radeon 7が62fps
  • Strange Bridgeでは、RTX 2080が73fps、Radeon 7が87fpsで上回った。

ただし、RTXシリーズで利用できるレイトレには対応していないようなので、レイトレ対応のGPUが欲しい場合は、RTXシリーズで購入しましょう。 

 

Radeon 7の価格は、699ドルで、2月7日発売(米国時間)となる。

発売記念キャンペーン「バイオハザード RE:2など」が無料でもらえるバンドルキャンペーン

「Radeon 7」の発売を記念して、ゲームのバンドルキャンペーンが行われる。

ダウンロードコードが付属するのは、参加販売店のみなので注意して欲しい。

AMDキャンペーンページ

 

 

※バンドルキャンペーンは、先日紹介した「RTX 2060」でも行われている。

 

「Radeon 7」発売記念バンドルキャンペーンでは3本のソフトが対象となる。

名作バイオハザード2のリメイクがバンドルキャンペーンに登場

[amazon asin=”B07G8ZBY56″ kw=”BIOHAZARD RE:2 – PS4″]

バイオハザードシリーズの人気キャラクター「レオン」が初登場したタイトルのリメイクです。

 

スタイリッシュアクションゲーム、デビルメイクライ5

[amazon asin=”B07HCKQK4T” kw=”デビル メイ クライ 5 (【予約特典】「EXカラーパック」が入手できるプロダクトコード 同梱) 【Amazon.co.jp限定】「デビルブレイカーDLC:モンキービジネス」ダウンロードコード 配信 付 – PS4″]

デビルメイクライシリーズのナンバリングタイトルの新作も対象タイトルとなっている。外伝的なDmC Devil may Cryがありましたが、こちらは5となっており続編です。

 

カプコンから新作2本が対象となる。

オンラインアクションゲーム DIVISION 2

[amazon asin=”B07GP6RY9G” kw=”ディビジョン2 ゴールドエディション 【先着予約特典】 プライベートベータアクセスコード + キャピトルディフェンダーパック 配信 【数量限定初回特典】 「トミーベア」ゲーム内デジタルコンテンツ + 「トミーベア」1:1スケール レプリカ ぬいぐるみキーチェーン 付 – PS4″]

UBIソフトから新作1本が対象となる。

1月のPS Plusのフリープレイ特典となっているディビジョンの新作がバンドルキャンペーンの対象ソフトです。

 

発売済みのGPUもキャンペーン対象

また「Radeon 7」だけでなく、既に発売済みのRadeonシリーズも対象となっている。

 

RX 570、RX 580、RX 590、RX Vegaを搭載したグラフィックカードもしくは、搭載PCも対象となるが、もらえるソフト数が違うので注意して欲しい。

 

[amazon asin=”B0782PSHJ3″ kw=”ASUS AMD RX VEGA搭載ビデオカード ROG-STRIX-RXVEGA64-O8G-GAMING”]

RX 570とRX 580では、3本の中から2本を選んでもらうことができる。

 

[amazon asin=”B0782PSHJ3″ kw=”ASUS AMD RX VEGA搭載ビデオカード ROG-STRIX-RXVEGA64-O8G-GAMING”]

RX 590とRX Vegaは3本全てをもらうことが可能だ。

ゲームダウンロードコードが付属するか確認して購入してください。

[レイトレ対応]ミドルレンジグラボ「GeForce RTX 2060」を発表。バンドルキャンペーンでAnthemかバトルフィールドVがもらえる

CES 2019の開催前夜にNVIDIAはレイトレーシング(レイトレ)に対応したグラフィックボードシリーズのミドルレンジモデル「GeForce RTX 2060」を発表した。

レイトレ対応の新グラボ「GeForce RTX 2060」詳細

GeForce RTX 2060は北米時間で1月15日発売になる。価格はメーカー想定価格で345ドル(税別)となる。

GeForce RTX 2060
image via NVIDIA

既に発売済みのRTX 2080、RTX 2070同様、日本国内版はASK税がかかると思っておいたほうがいいだろう。

GeForce RTX 2060のスペック

レイトレ対応のため上位モデルのRTX 2070を基準にスペックダウンさせたモデル。

GPU アーキテクチャTuring
RTX-OPS37T
Giga レイ/秒5
ブースト クロック1680 MHz
フレーム バッファ6GB GDDR6
メモリ速度14 Gbps

前世代のGTX 1060よりもGTX 1070と比較したほうが良さそうなスペックになっている。GTX 1070がレイトレ対応したと考えるべきかもしれない。

[amazon asin=”B01JHQSZ40″ kw=”ASUS NVIDIA GeForce GTX1070搭載ビデオカード オーバークロック メモリ8GB DUAL-GTX1070-O8G”]

ちなみにGTX 1070は5万円ほどで現在も販売されている。

「GeForce RTX 2060」発売記念キャンペーンが開催

「GeForce RTX 2060」搭載のグラフィックボードの発売に併せ、バンドルキャンペーンがアナウンスされている。

  • 開催時期:北米時間の1月15日の発売から
  • 対象商品:「GeForce RTX 2060」もしくは「GeForce RTX 2070」搭載グラフィックボード
  • キャンペーン特典:「Anthem」か「Battlefield V」

キャンペーンでバンドルされるのが「RTXシリーズ」の目玉であるレイトレーシングなので、レイトレ対応のゲームとなり、「Electronic Arts」の新作「Anthem」か人気FPS「Battlefield V」がもらえるキャンペーンとなる。

[amazon asin=”B07NPNXVFY” kw=”Anthem(アンセム) (特典なし) – PS4″]

[amazon asin=”B07F17CV7W” kw=”Battlefield V”]

とくにAnthemは、これから発売される注目のソフトなのでグラフィックボードを買い換える予定の方は日本でも開催されようだ。

公式サイトからアナウンス通知が受け取れるので確認しください。

自作のゲーミングPCをAMD Ryzenで組むときの最善のパーツを考える。

ゲーミングPCが欲しいと思うだけの毎日ですが、既成品よりも自作してみたいワタクシ。インテルかAMDかを選ぶことで全然違うので、調べ始めました。

自作するときの目的としては、Steamでゲームを買って、PUBGが快適に動き配信も出来るレベルのスペックが欲しいです。

AMD Ryzenでパソコンを組んでみたい

マザーボード

CPUとマザーボードだけは、各社専用になるので重要です。AMDのCPUを買ったのにインテル用のマザーボードを買ってもCPUが刺さらないので使えません。お店で買う時はスタッフさんが教えてくれるでしょうけど、オンラインで注文する時は注意が必要ですね。


今使っているMacbook ProはインテルのCPU Core i7ですが、自作するときはAMDのRyzenにしたいとなんとなく思っていました。Macだとインテルしかないですし、別のCPUも使ってみたい。


私がWindowsを使っていた頃のAMDは、Athlon 64とかPhenomとかが売られていました。インテルだとPentium 4とかの時代です。へそ曲がりなのでパソコンを買ってから、だんだんとCPUとかに詳しくなると、あの頃も「AMD搭載パソコンを買えば良かった」なんて思ってた記憶があります笑

コスパ最高のRyzenシリーズ

Ryzenシリーズは、インテルのCPUに比べて価格が安く、性能がいいと評判です。単純に安いのにコア数が多いんです。

新しく2000番台のRyzenが出たので、1000番台が安くなっていないかと思い見てみました。

最新モデルの最上位Ryzen 7 2700Xは3万5000〜4万円ほどしてしまいます。

[amazon asin=”B07B428M7F” kw=”AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX”]

Ryzen 7の1700Xはオーバークロックにも対応しており、1000番台ではスレッドリッパーを除いては一番性能がいいCPUです。スレッドリッパーはCPUだけで10万超えなので、手が出ません。

楽天のパソコン工房では新品のRyzen 7 1700Xが27,755円になっていました。(執筆時点)


1つ下のモデル、Ryzen 5でも性能が高く、こちらでゲームをしている人も多いハズ。2600Xや1500Xでも1万円台で買えるのは手が出やすいですね。

[amazon asin=”B07B428V2L” kw=”AMD CPU Ryzen 5 2600X with Wraith Spire cooler YD260XBCAFBOX”]

[amazon asin=”B06XKVNRSM” kw=”AMD CPU Ryzen5 1500X with Wraith Spire 65W cooler AM4 YD150XBBAEBOX”]

一番安いモデルのRyzen 3というモデルがありますが、こちらは流石に私の中の選択肢に入ってきませんが、かなり安いですね。


ゲームがメインでなければ、AMDには珍しく内蔵GPUVega 8をモデルがあるので、ブラウザ用とかであれば、オススメです。

この記事ではグラボを紹介しませんが、前記した以外のRyzenはGPUが内蔵されていないのでグラボが必須です。ご注意ください。Ryzen 7と5はGPUなしです。

自作PCで大事なマザーボードを選ぶ

購入したCPUにあわせてマザーボードが必要です。スレッドリッパーの専用のマザーボードを買ったりしないようにしましょう笑

SSDの中でも高速なM.2を利用できるマザーボードが欲しいです。Windowsやゲームの起動時間が大幅に高速化するはず。

[amazon asin=”B07CBL66TK” kw=”GIGABYTE X470 AORUS GAMING 5 WIFI ATX ゲーミングマザーボード AMD X470チップセット搭載 MB4378″]

[amazon asin=”B07C57Q1XH” kw=”ASUS AMD X470搭載 マザーボード Socket AM4対応 PRIME X470-PRO【ATX】”]

SSDとM.2の読み込み速度の比較動画です。

M.2の方が読み込み速度が速いのがわかりますね。

[amazon asin=”B07CKJVZF4″ kw=”Samsung SSD 250GB 970 EVO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 5年保証 正規代理店保証品 MZ-V7E250B/EC”]

[amazon asin=”B07CXWR1DY” kw=”SanDisk 内蔵SSD M.2-2280/500GB/SSD Extreme Pro/PCIe Gen3 NVMe/5年保証/SDSSDXPM2-500G-J25″]

M.2はサムスンがメインのようです。256GBで1万円ほどで買えるので確実に導入したいですね。ただし発熱量が多いのでクーラーを取り付けたりしましょう。

[amazon asin=”B06XK3Z1RK” kw=”長尾製作所 M.2 SSD用ヒートシンク SS-M2S-HS01″]

遊びたいと思っても起動までの待ち時間が毎回あると辛いので、高速化出来るところは導入します。

次回はゲームをするのに大切なGPU、グラボ編をまとめてみたいと思います。