AMDからPS5に搭載予定のZen2を採用した新CPU「Ryzen 3000シリーズ」とRDNAを採用した新GPU「Radeon RX 5000シリーズ」が発表

AMDはCOMPUTEX TAIPEI 2019の開幕前に基調講演を開催し、新しいCPUとGPUシリーズについて発表を行った。

PS5にも搭載される新CPUとGPU

発表になったCPUとGPUは以前からロードマップなどで発表があったように、Zen2アーキテクチャを採用さしたCPUとNaviと呼ばれていたGPUになる。

Zen2アーキテクチャを採用したRyzen 3000シリーズ

マザーボード

RyzenシリーズのCPUでは、1000シリーズはZenアーキテクチャ、2000シリーズではZen+アーキテクチャを採用し、今回発表になった3000シリーズではZen2アーキテクチャとなっている。

2000シリーズよりも大幅に性能がアップしており、2000シリーズの最高性能だったRyzen7 2700Xのベンチマークスコアを3000シリーズの一番安いモデルであるRyzen3 3300がスコアで上回っている。

更新:Zen2 CPUのベンチマークスコアのツイートについてご指摘をいただいたので、公式のツイートに差し替えました。ベンチマークスコアなどについては、正式なスコアが出たら各所でご確認ください。

Ryzen3 3300は99ドルで発売が予定されているCPUなので、一番安いものを買ってもハイパフォーマンスモデルで組めることになる。

[amazon asin=”B079D3DBNM” kw=”AMD CPU Ryzen 3 2200G with Wraith Stealth cooler YD2200C5FBBOX”]

Ryzen 2000シリーズで新たにPCを自作した人はソケットが対応していると思われるので、Ryzen 3000シリーズに交換できそうです。

[amazon asin=”B07C4PH429″ kw=”ASUS AMD X470 搭載 マザーボード Socket AM4対応 ROG STRIX X470-F GAMING 【ATX】”]

新GPUシリーズRadeon RX 5000

これまでコードネーム「Navi」と呼ばれてきたGPUは「RDNA」というアーキテクチャとして公開された。


RDNAを採用したGPUシリーズが「Radeon RX 5000」となる。前世代まで採用されてきたGCNアーキテクチャとは違い、GCNと比べてクロック当たりの性能で1.25倍、ワットパフォーマンスの性能は1.5倍となった。

[amazon asin=”B0788BTQKQ” kw=”ASUS AMD RX VEGA搭載ビデオカード ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING”]

最初の製品としてはRadeon RX 5700シリーズが2019年7月に発売されることがアナウンスされている。

NvidiaのRTX2070よりもRadeon RX 5000シリーズとの比較で10パーセントほど高性能になっているとのこと。

CPUとGPUの組み合わせでは、Ryzen7 3800XとRadeon RX 5700がintel Core i9-9900KとGeForce RTX2080Tiよりも69%高性能になるとのこと。


この性能差は、PCIe gen4を採用しているアドバンテージが大きいようだ。


Radeon RX 5700がいくらになるか不明ですが、Core i9-9900KとRyzen7 3800Xでは約3万円ほどの価格差になりそうなので、恐ろしいコスパをAMDがRyzenとRDNAで実現することになります。

PS5はPS4よりもCPU性能が大幅にアップする

PS5に採用が噂されているのがは、Ryzen3 3300よりも上のモデルです。

jaguarアーキテクチャは、Zenアーキテクチャよりも古いアーキテクチャで、パフォーマンスもZenと比べるとだいぶ下でした。


それが一気に最新のZen2を採用することになり、PS4のjaguarアーキテクチャを採用したCPUからは超大幅アップが見込める。


そしてGPUはRDNAアーキテクチャを採用することになるので、採用されるGPUのグレードによっては最新のGPUでNvidiaにも迫る性能で発売されそうですね。

AMDが「Radeon 7」を発表。2月7日発売でバイオハザード RE:2などがバンドル

AMDがNVIDIAに続いてCES 2019にて新グラフィックカード「Radeon 7」を発表した。

「Radeon 7」はRTX 2080に匹敵するグラフィックカード

radeon 7 gpu

「Radeon 7」は、既に発売済みのVegaシリーズ(Vega 56, Vega 64)を改良した第二世代Vegaとなる。

 

製造プロセスが7nmに変更されており、数字が小さいほど性能が高くなる。「Radeon 7」が7nmプロセスで製造されるGPUとしては世界初となる。NVIDIAはまだ7nmでは製造できていない。

Radeon 7の詳細スペック

  • Compute Unit:60基
  • ストリームプロセッサ:3,840
  • ベースクロック:1.45GHz/ピーククロック:1.8GHz
  • HBM2メモリ:16GB

Coupute UnitはVega 64の64基から60基に減ってしまっているが、「Radeon 7」では16GBものメモリを積んでいる。

 

このメモリは、GPU専用のHBM2メモリで高速でデータが処理できる。メモリバス幅は4,096bitで、最大1TB/sのメモリ帯域幅を持っている。

 

発表会では、RTX 2080と同環境でのゲームのベンチマークが公開され、RTX 2080を上回る数値を出すソフトもあった。比較がされたのは以下の3つのソフトです。

  • Battlefield Vは、ほぼ同等のfpsでRTX 2080が61fps、Radeon 7Iが62fps
  • FARCRY5もほぼ同等のfpsでRTX 2080が61fps、Radeon 7が62fps
  • Strange Bridgeでは、RTX 2080が73fps、Radeon 7が87fpsで上回った。

ただし、RTXシリーズで利用できるレイトレには対応していないようなので、レイトレ対応のGPUが欲しい場合は、RTXシリーズで購入しましょう。 

 

Radeon 7の価格は、699ドルで、2月7日発売(米国時間)となる。

発売記念キャンペーン「バイオハザード RE:2など」が無料でもらえるバンドルキャンペーン

「Radeon 7」の発売を記念して、ゲームのバンドルキャンペーンが行われる。

ダウンロードコードが付属するのは、参加販売店のみなので注意して欲しい。

AMDキャンペーンページ

 

 

※バンドルキャンペーンは、先日紹介した「RTX 2060」でも行われている。

 

「Radeon 7」発売記念バンドルキャンペーンでは3本のソフトが対象となる。

名作バイオハザード2のリメイクがバンドルキャンペーンに登場

[amazon asin=”B07G8ZBY56″ kw=”BIOHAZARD RE:2 – PS4″]

バイオハザードシリーズの人気キャラクター「レオン」が初登場したタイトルのリメイクです。

 

スタイリッシュアクションゲーム、デビルメイクライ5

[amazon asin=”B07HCKQK4T” kw=”デビル メイ クライ 5 (【予約特典】「EXカラーパック」が入手できるプロダクトコード 同梱) 【Amazon.co.jp限定】「デビルブレイカーDLC:モンキービジネス」ダウンロードコード 配信 付 – PS4″]

デビルメイクライシリーズのナンバリングタイトルの新作も対象タイトルとなっている。外伝的なDmC Devil may Cryがありましたが、こちらは5となっており続編です。

 

カプコンから新作2本が対象となる。

オンラインアクションゲーム DIVISION 2

[amazon asin=”B07GP6RY9G” kw=”ディビジョン2 ゴールドエディション 【先着予約特典】 プライベートベータアクセスコード + キャピトルディフェンダーパック 配信 【数量限定初回特典】 「トミーベア」ゲーム内デジタルコンテンツ + 「トミーベア」1:1スケール レプリカ ぬいぐるみキーチェーン 付 – PS4″]

UBIソフトから新作1本が対象となる。

1月のPS Plusのフリープレイ特典となっているディビジョンの新作がバンドルキャンペーンの対象ソフトです。

 

発売済みのGPUもキャンペーン対象

また「Radeon 7」だけでなく、既に発売済みのRadeonシリーズも対象となっている。

 

RX 570、RX 580、RX 590、RX Vegaを搭載したグラフィックカードもしくは、搭載PCも対象となるが、もらえるソフト数が違うので注意して欲しい。

 

[amazon asin=”B0782PSHJ3″ kw=”ASUS AMD RX VEGA搭載ビデオカード ROG-STRIX-RXVEGA64-O8G-GAMING”]

RX 570とRX 580では、3本の中から2本を選んでもらうことができる。

 

[amazon asin=”B0782PSHJ3″ kw=”ASUS AMD RX VEGA搭載ビデオカード ROG-STRIX-RXVEGA64-O8G-GAMING”]

RX 590とRX Vegaは3本全てをもらうことが可能だ。

ゲームダウンロードコードが付属するか確認して購入してください。

[レイトレ対応]ミドルレンジグラボ「GeForce RTX 2060」を発表。バンドルキャンペーンでAnthemかバトルフィールドVがもらえる

CES 2019の開催前夜にNVIDIAはレイトレーシング(レイトレ)に対応したグラフィックボードシリーズのミドルレンジモデル「GeForce RTX 2060」を発表した。

レイトレ対応の新グラボ「GeForce RTX 2060」詳細

GeForce RTX 2060は北米時間で1月15日発売になる。価格はメーカー想定価格で345ドル(税別)となる。

GeForce RTX 2060
image via NVIDIA

既に発売済みのRTX 2080、RTX 2070同様、日本国内版はASK税がかかると思っておいたほうがいいだろう。

GeForce RTX 2060のスペック

レイトレ対応のため上位モデルのRTX 2070を基準にスペックダウンさせたモデル。

GPU アーキテクチャTuring
RTX-OPS37T
Giga レイ/秒5
ブースト クロック1680 MHz
フレーム バッファ6GB GDDR6
メモリ速度14 Gbps

前世代のGTX 1060よりもGTX 1070と比較したほうが良さそうなスペックになっている。GTX 1070がレイトレ対応したと考えるべきかもしれない。

[amazon asin=”B01JHQSZ40″ kw=”ASUS NVIDIA GeForce GTX1070搭載ビデオカード オーバークロック メモリ8GB DUAL-GTX1070-O8G”]

ちなみにGTX 1070は5万円ほどで現在も販売されている。

「GeForce RTX 2060」発売記念キャンペーンが開催

「GeForce RTX 2060」搭載のグラフィックボードの発売に併せ、バンドルキャンペーンがアナウンスされている。

  • 開催時期:北米時間の1月15日の発売から
  • 対象商品:「GeForce RTX 2060」もしくは「GeForce RTX 2070」搭載グラフィックボード
  • キャンペーン特典:「Anthem」か「Battlefield V」

キャンペーンでバンドルされるのが「RTXシリーズ」の目玉であるレイトレーシングなので、レイトレ対応のゲームとなり、「Electronic Arts」の新作「Anthem」か人気FPS「Battlefield V」がもらえるキャンペーンとなる。

[amazon asin=”B07NPNXVFY” kw=”Anthem(アンセム) (特典なし) – PS4″]

[amazon asin=”B07F17CV7W” kw=”Battlefield V”]

とくにAnthemは、これから発売される注目のソフトなのでグラフィックボードを買い換える予定の方は日本でも開催されようだ。

公式サイトからアナウンス通知が受け取れるので確認しください。

【PUBGもヌルヌル動く】ゲーミングノートPCを買うなら高性能なRAZER BLADEシリーズがオススメ

ゲーミングPCを買う時にデスクトップではなくノートパソコンが欲しい人いますよね。

でもノートパソコンだとありそうな懸念点が

  • デスクトップとは違い拡張性が
  • スペックが足りないかも

というのが一般的な懸念点だと思います。

RAZER BLADEシリーズは高性能でeGPUにも対応

ゲーミングPCのアクセサリーを扱う大人気ブランド、RAZER

緑色のネオンカラーが象徴的でかっこいいですよね。

そんなRAZERから、デスクトップのゲーミングPCではなく、ゲーミングノートPC「RAZER BLADE」シリーズが発売されています。

 

Razerでは、Stealth、blade、blade Proと用途に応じて3モデルが販売されており、順にサイズとスペックが高くなります。

RAZER BLADEは高性能なゲーミングノートPC

ゲーミングPCのアクセサリーを扱うブランドだけあって、ノートPCを販売するにあたってゲーマーが欲しいものを詰め込んでいます。

 

RAZER BLADEはGPUにNVIDIAのGeForce GTX1060(6GB)モデルが搭載されている。上位モデルだとGTX 1070になり、液晶も4K液晶に変更される。

 

 

GTX1060はゲーミングPC向けのグラボではコスパがすごく良く人気のグラボです。

2017モデルのRazer bladeのベンチマーク

PUBGがラクラク60fpsで動いていおり、2018モデルはCPUが新しいものに変更になっているので、さらに快適に遊べるはずです。

 

性能が足りなくてもRazer Coreで補える

外ではノートパソコンとして使っていて、グラフィック性能が足りなくなったらeGPUで性能を向上させる事が出来る。

 

RazerからeGPUの専用ボックスRazer Coreシリーズが発売になっている。

サンダーボルト3に対応しており、Macでも使えるモデル

レーザーコアX

Razer Core Xはこちら

 

サンダーボルト3が2基ついたRazer Coreの後継モデル

レーザーコアv2 Razer Core V2はこちら

 

Razer bladeに内蔵されているグラボがかなり強力ですが、将来的に処理が重いゲームが出てきたときにRazer Coreを買って、自分の好きなグラボを搭載すればパワーアップすることが出来るので、拡張性がある程度担保されています。

 

もちろんRazerのゲーミングマウスやゲーミングキーボードも使えます。

  • 16,000 DPI を誇る世界で最も精度の高いゲーミングセンサー
  • 革新的な調整可能クリックフォーステクノロジー*により実現する、パーソナライズされたクリックフィードバック
  • 業界をリードするゲーミンググレードのデュアル無線/有線テクノロジーで制限のない操作性を発揮

最新のRazer MAMBAはこちら

razer huntsman キーボード

正確でバランスの取れた作動のためのキースタビライザーバー
人間工学に基づいたレザーレットレスト
Razer Chroma™バックライト
3つのメディアキーを備えた多機能デジタルダイヤル

最新のRazer Huntsman Eliteはこちら

他にも色々なマウスやキーボード、マウスパッドやヘッドフォンなどゲーミングに必要なものは全て揃い、ファッションアイテムまでを販売しています。

 

Razer Storeはこちら

 

ノートパソコンでゲーミングPCを探している場合は、Razer bladeシリーズがオススメです!

【2019年最新】コスパの良いゲーミングPCブランドまとめ

自作もいいですが、既成品の場合は組み上がっていてサポートも受けられたり、価格も少し安かったりするので自作よりもゲーミングPCブランドの物を買ってしまうのも1つの手です。

届いたら直ぐにSteamからゲームをインストールすれば遊べます。

ゲーミングPCブランド

ゲーミングPCは最盛期を迎えつつあり、各社がさまざまなゲーミングPCを販売しています。

  • 大手メーカーだとDELLのALIENWARE、ASUSのROG、エイサーのPredatorなど
  • ショップ系だとツクモのG-GEAR、ドスパラのGALLERIA、パソコン工房のLEVELインフィニティなど

さまざまなゲーミングPCブランドが存在します。PCケースもオリジナルが多く、空冷、水冷までカスタマイズ出来るブランドもあり、選ぶのがなかなか難しい。

まずはゲーミングPCで重要なパーツを頭に入れておく

ゲーミングPCで大事なのがCPUとグラボです、CPUとグラボの性能が足りないとプレイ中にフレームレートが落ちて快適に遊べないとか、グラフィックがしょぼくなってしまいます。

フレームレートが低いとPUBGなんかでは勝敗に大きく影響します。

PC上の画面録画、ゲームキャプチャ、録音ができる録画ソフト【Readygo Soft】

ゲーミングパソコンに大事な頭脳CPU

CPUのスペックが大事

CPUは、インテルであればCore i5以上、AMDであればRyzen 5以上が載っているパソコンがオススメ。

GPUだけ高性能なグラボを買ってもCPUが足を引っ張ってしまう事があるので、バランスが大切。

マザーボードによって交換できるCPUか決まってくるので、小難しいことを考えたくない場合は予算内で買える上位CPUを買いましょう。自分でCPUを交換するのは自作機でないと中々難しいかもしれません。

PCゲームにはグラボが必須

グラフィックボード・ビデオカード

Ryzen 2400GやインテルのCPUにはGPUをワンチップに収めている製品もありますが、独立したGPUの方が圧倒的にパフォーマンスが高い。GPUは、NVIDIAであれば、GTX1060以上、AMD RadeonであればRX560以上は欲しいです。

CPUとは違いグラボはデスクトップ機であれば自分で交換するのが難しくないので、スペックが足りなくなったらGTX1080とかを購入して自分で交換するもの良いですね。

[amazon asin=”B01GNP5VEK” kw=”GIGABYTE ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 1080搭載 オーバークロック ゲーミングモデル GV-N1080G1 GAMING-8GD”]

最新のグラボは、リアルタイムレイトレーシングに対応

[amazon asin=”B07GJYS2WM” kw=”ASUS NVIDIA GeForce RTX 2080Ti 搭載 デュアルファンモデル 11GB DUAL-RTX2080TI-O11G”]

2019年ゲーミングPCのブランドまとめ

Amazonで扱っているゲーミングPCブランドをまとめてみました。

個別のカスタマイズはAmazonの商品ページから出来るものと、各社の直販からものがあるのでご注意ください。

ヒカキンさんも使っているDELLのALIENWARE

ヒカキンさんが最高スペックのゲーミングPCを購入したのが、DELLのALIENWAREです。

ゲーミングPCの中でも高性能モデルを販売するブランドです。高性能モデルを扱っているので、高価ですが性能は折り紙付き。

ヒカキンさんが購入したノンカスタムモデルでも高額です。

[amazon asin=”B07C75RYBS” kw=”Dell ゲーミングデスクトップパソコン ALIENWARE Area51 Core-i9 19Q13/Windows10/32GB/256GB SSD+2TB HDD/GTX1080″]

1つ下のモデルも販売されています。

[amazon asin=”B07NGBJ3RF” kw=”Dell ゲーミングデスクトップパソコン ALIENWARE AURORA Core i7 エピックシルバー 20Q11/Win10/16GB/128GB SSD+2TB HDD/GTX1070″]

ノートがいい場合はこちら

[amazon asin=”B07CGY92S5″ kw=”Dell ゲーミングノートパソコン ALIENWARE 17 core i7 19Q12/Windows10/17.3FHD/16GB/256GB SSD+1TB HDD/GTX1070″]

DELLのサイトから購入する場合は構成をカスタマイズすることができます。

マザーボードで有名なMSIブランド

最新のレイトレーシングを利用できるRTXシリーズのハイエンドモデルRTX 2080を搭載した省スペースモデルです。

[amazon asin=”B07MZZLCDN” kw=”MSIゲーミングノート / GL63-8SE-070JP / Core i5-8300H / GeForce RTX 2060 / メモリ16GB / SSD 256GB / HDD 1TB”]

ASUSのROG

ASUSでは、ハイエンドの「G20」シリーズ、ミドルレンジの「GR」シリーズが販売されています。

[amazon asin=”B07HYBMTXK” kw=”ASUS ROG ゲーミングデスクトップPC【GTX1070搭載】 (第8世代Core i7/ Call of Duty Black Ops 4ダウンロードコード付属) GL12CM-COD”]

[amazon asin=”B07KGSCS6Y” kw=”ASUS ゲーミングノートパソコン ROG STRIX【日本正規代理店品】15.6型/超狭額ベゼル/第8世代Core i7/GTX 1060/16GB/1TB+256GB/GL504GM-HERO”]

国産メーカーのマウスコンピュータ

G-TuneというゲーミングPCブランドを展開しており、ディスプレイブランドのiiyamaもマウスコンピュータが持っているブランドです。

ハイエンドからミドルまでコスパよく揃っています。

[amazon asin=”B07KSC9BYF” kw=”mouse ゲーミング デスクトップパソコン G-Tune NG-S7K32SIBR7ZF/Corei7 9700K/2070/32GB/480GB/2TB/Win10″]

マウスコンピュータでは、AMDのRyzen 7モデルもあります。

[amazon asin=”B07KSCFY1K” kw=”mouse ゲーミング デスクトップパソコン G-Tune NM-P711SHR7ZF/Ryzen 7 2700/2070/16GB/240GB/1TB/Win10″]

いかがだったでしょうか?この記事で紹介した以外にもゲーミングPCブランドは多くあるので、購入前の参考になれば嬉しいです。