PS4のMARVEL Spider-Manをトロフィー100%獲得。オープンワールドの名作だった。

PS4 MARVEL Spider-Man

PS4のMARVEL Spider-ManはSONY傘下スタジオ、INSOMNIAスタジオが作ったオープンワールドゲームです。


年末に販売本数が世界累計で900万本の販売を記録し、発売直後は品切れも多く買えないこともありました。

PS4大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーンで一気に販売本数が伸びたか

PS4 MARVEL Spider-Man
image via sie

MARVEL Spider-ManはPS4の年末年始キャンペーンでPS4シリーズの本体をいずれかを購入すると指定のゲームの中からダウンロード版を2本、PS Storeからダウンロード出来るキャンペーンコードが付属していました。

 

この「PS4大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」のダウンロード出来るゲームの中にSpider-Manが含まれていました。

 

PS4をキャンペーン期間中に購入し、PS Storeから話題になっていたSpider-Manをダウンロードした人が販売本数に貢献したのではないでしょうか。

オープンワールドゲームに革命を起こしたSpider-Man

これまでオープンワールドは移動が非常に面倒でした。

GTAシリーズでは車かバイクが移動手段のメインで、Red Dead Redemptionシリーズは馬がメインです。

 

車やバイク、馬では移動中に建物があると回り道が必要でマップが広大になればなるほど移動の手間が発生します。ファストトラベルがあるとしても、移動距離がある程度存在する。

Spider-Manだからこそ出来た超人的な移動でオープンワールド独特のストレスを減

MARVEL Spider-Manでは、この移動ストレスを大幅に減らすことに成功した。

Spider-Man独自の蜘蛛の糸を利用した高速のスイング移動です。高層ビルから飛び降り、落下速度を利用してスイングすることで既存のオープンワールドゲームの移動方法よりも移動速度、距離が大幅に改善されます。

 

また、スイング移動で建物を乗り越えたり、飛び越えたり出来て、失敗しても壁を走ることが出来ることで止まる事がなくなり、移動のストレスが大幅に減りました。

 

高速移動中に非常階段にぶつかってもキレイにすり抜けるのがすごい

 

ダウンロードコンテンツを含むトロフィー取得100%を達成

MARVEL Spider-Manを初めてメインストーリーをクリアした時点で、PS Storeで年末年始のセールが行われていました。

 

そこでSpider-Manのダウンロードコンテンツが3つが全てダウンロード出来るシーズンパスが値引きされて販売されており、更に持っていた10%OFFクーポンを利用して購入。

 

Spider-Manのシーズンパス「摩天楼は眠らない」には3つの追加シーズンが含まれています。

Spider-Manシーズンパス「摩天楼は眠らない」

  • 黒猫の獲物(1,000円+税)
  • 王座を継ぐ者(1,000円+税)
  • 白銀の系譜(1,000円+税)

別々に購入すると3,000円を超えてしまいますが、シーズンパスですと2,500円+税で購入出来ます。

 

メインストーリーからストーリーが3つ続いているので、メインストーリーが楽しかった人は、シーズンパスの購入がオススメです。

[amazon asin=”B07CR723CW” kw=”【PS4】Marvel’s Spider-Man 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPS4用テーマ (配信)” size=”l”]

MARVEL Spider-Manはオープンワールドの名作なので、まだ遊んでいない方はぜひ遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください