Xbox Oneを買わなくても遊べる。MicrosoftがクラウドゲーミングサービスProject xCloudを発表

Project xCloud タブレット

Microsoftが新たにXbox One向けゲームのクラウドゲーミングサービス、Project xCloudを発表した。

 

一部の地域で2019年からオープンベータテストが開始予定だ。

クラウドゲーミングサービス Project xCloud

Project xCloudは、Xbox Oneのゲームをストリーミングで遊べるサービスで、あらゆるデバイスで遊ぶことが出来るようにするとのこと。

映像にもあるとおり、Xbox oneのゲームがスマートフォン、タブレットでプレイすることが出来る。

Project xCloud タブレット
Microsoftブログより

Xbox oneコントローラがブルートゥース接続されていない場合は、画面上にゲームアプリと同様に擬似的なパッド、ボタンが表示される仕組みになっているようだ。

[amazon asin=”B01N9SLIGZ” kw=”マイクロソフト ゲームコントローラー Bluetooth/有線接続/xbox one/Windows対応 PC用USBケーブル同梱” size=”l”]

PS4でもPS nowがクラウドゲーミングサービスとして提供されているが、月額2,500円と高額でPS4とPCでのみ利用できるので、Project xCloudの方が幅広い端末をサポートしている。

マイクロソフトのAzureサーバを駆使してクラウドゲーミングを実現する

Project xCloudのクラウドサーバーは、マイクロソフトの自社クラウドサーバーサービスのAzureを利用している。

Xbox One Sが4台分はいったブレードサーバで処理する。

[amazon asin=”B01MYUZDKY” kw=”Xbox One S 500GB Ultra HD ブルーレイ対応プレイヤー Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)” size=”l”]

またゲームストリーミングを行う際の遅延処理も対策しており、10Mbpsで通信できれば動作するので、日本のスマートフォンで利用されている4G回線でも快適に遊ぶことが出来る。5Gになるともっと高速で通信できるので更に快適になるのだろうか。

 

Wi-Fiや5G回線の転送速度であれば、フルHDのゲームを自宅のXbox oneでプレイしているときと同等のレスポンスになればハードを買う必要もなくなる。

遊べるゲームはXbox game passと同じ?

発表の中で約3000種類のゲームが対応しているとのことで、対応しているゲームの数が毎月定額で遊び放題になるXbox game passと同じくらいの数になっている。

 

開発者側もProject xCloudに対応する作業は必要なく、Xbox oneで動作すればそのまま動作するとのこと。追加の作業が必要ない分、対応するゲームがどんどん増えていく

Microsoftブログより

Xbox game passは日本ではサービスが開始になっていないが、Project xCloudは日本もサービス展開地域にはいっている。

 

Xbox game passと一緒にこのProject xCloudが利用可能になればぜひ遊びたい。

 

ちなみにXbox game passは月額9.99ドルなので、対戦などを行うXbox live Goldと合わせると月額2000円ほどになりそうだ。PS Nowに比べると若干安い価格になるかもしれない。

[amazon asin=”B00JTSV58K” kw=”Xbox Live 12ヶ月 ゴールド メンバーシップ デジタルコード オンラインコード”]

別途Xbox Liveに加入が必要な場合は、12ヶ月プランで加入すると若干安いので、Project xCloudで継続して遊ぶ場合は年間で加入した方が割引になるだろう。

 

初期コストがほとんどかからないでXbox Oneのゲームが遊べるので、Xbox One専用になっているゲームを遊ぶのには最適かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください